「植民地文化研究」各号の御案内

植民地文化研究 創刊号・目次
創刊の辞
            特集 * 「満洲国」文化の性格
座談会 雑誌『満洲浪曼』をどう評価するか
                   出席者 西原和海 岡田英樹 西田勝(司会)
「満洲詩人」のあゆみ                                                     猪野睦
「満洲文話会通信」を読む 西原和海
「満洲国」に夢を紡ぐ 藤山一雄の二側面                        西田勝
「満洲」におけるロシア亡命文学の遺産                           キム・レイホ
中国における東北淪陥期文学の研究の現在                 呂元明 訳・岩崎富久男
小説 血の償い      満洲国」時代の中国人作家の創作 王秋蛍 訳・解説 岡田英樹
   資料紹介    『満洲文芸家協会の栞』
雑誌『満州浪曼』細目 黒崎史貴・斉藤秀昭編
満洲芸文聯盟機関誌『満洲芸文通信』細目 谷本澄子編
浜江省興膿合作社聯合会機関誌『北満洲合作』細目 城間正人編
『北満合作』抄《知られなかった北満型合作運動の最後の輝きを伝える》
『北満合作』の刊行に就いて  
合作運動の新段階を論ず(上)   佐藤大四郎
『北満合作』現地編集会議報告       廃刊の辞       民謡一篇ほか(野川隆)
書籍紹介    島木健作著『満洲紀行』  『農村報告書』  和田伝著『家長』
   視角とアンテナ
新渡戸稲造をめぐる問題                                                             神谷忠孝
横断のパースペクティブ                                                              橋本雄一
「満洲」研究のことなど                                                                安藤彦太郎

特 集       近代の日本と台湾
日本の台湾征服戦争 大江志乃夫
日本の台湾植民地経営と現在
 とう 照彦
台湾の植民地的支配と沖縄 又吉盛清
台湾人の「満洲」体験 許雪姫
台湾と私 林 郁
私の戦争体験 鄭清文
日本文学史の不可欠の一章 林水福
    日台シンポジウム『近代の日本と台湾』これまでの歩み
小説  夜襲         「光復」直後の独立蜂起の失敗譚 葉石濤    訳・西田勝
思想史に見る東アジア共同体 許介鱗
海峡植民地        永井荷風の「新嘉坡」 土屋忍
     編集後記
       植民地文化研究会会則         二00二年度役員名簿
                               表紙絵(旧関東軍司令部官邸)及びカット     呂元明

                                                                                                                                                                                                    トップへ

            
  『植民地文化研究』第2号 
特集    「満洲国」文化の性格(2)
  座談会  雑誌『満洲芸文通信』の位置づけ 出席者 西原和海・岡田英樹・西田 勝(司会)
   呉暎論               岸 陽子
     詩人野川隆の到達点  
    『満州文話会通信』を読む(下)  
   「満洲詩人」の歩み② 
  
西田 勝
西原和海
猪野 睦
       「満洲国」時代の中国人作家の創作② 
  小説 人生の中のある日
金  音     
訳・解説
     橋本雄一
   資料紹介 『満州芸文通信』細目(中)
               『満洲文話会通信』細目(上)
谷本澄子編
斉藤秀昭・松下奈津美編
              『農事合作社報』(上) 城間正人編
 視覚とアンテナ    父香川鉄蔵のこと  香川 節
                        在「満」朝鮮人の文学  
                      王進益にとっての短歌
                           過去は超えられたか 
大村益夫
今井祥子
国策恋愛映画「大陸三部作」をみて   林 郁
特集  近代の日本と台湾(2)
     日本・台湾そしてアジア・太平洋地域 
  植民地新聞としての《台湾日日新報》  
  30年代の上海都市文学
鈴木佑司 
李承機
彭小妍
  私と上海     林   京子                                    
    資料紹介
    楊基振日記 編・解説     黄英哲・許雪姫
           日本占領下の北京に生きた台湾人日本鉄道キャリアの記録
日本の「近代化」は中国の資金援助によるものだ  許介鱗
寒川光太郎と樺太  神谷忠孝
  発売元  不二出版 電話03-3812-4433    定価2000円+税

 

     『植民地文化研究』 第3号
 特 集「満洲国」文化の性格  ( 3 )
  座談会      二 つ の 『芸 文』                  画 『芸文』及び『満洲公論』 作品略年譜          出席者   西 原 和 海 ・岡 田 英 樹 ・西 田 勝(司会)
「満洲国」のオロチョン工作とその最期
林       郁
もう一つの『白蘭の歌』   梅娘論のうち 岸    陽 子
芸術家としての藤山一雄 西 田    勝
「満洲詩人」のあゆみ③ 猪 野    睦
インタビュー     秋原勝二氏に聞く    『作 文』の作家たち
「満洲国」 時代の中国人作家の創作③
小 説     山   丁   花 疑     遅
郷土文学論争の発端となった作品 訳 ・ 解 説    岡 田   英 樹
『満洲芸文通信』 細目(下) 谷 本 澄 子 編
『満洲文話会通信』 細目(中) 斎 藤 秀 昭 ・ 松 下 奈 津 美 編
『農事合作社報』  (中) 城 間 正 人
新発見資料3種
   小 説    屯 に は い る 塙   正
   小 説    女 の 燈 牛 島 春 子
    記 録    最後の新京特別市諮議会における白旗降参の決議 藤 山 一 雄
視覚とアンテナ
日中韓での軍国主義観の乖離 纐 纈    厚
黒竜江省方正県の今昔 田 島 俊 雄
「ウィルタ」考 神 谷 忠 孝
書評
山本有造著『「満州国」経済史研究』 金 子 文 夫
台湾原住民文学選④  『海よ山よ』 西 垣     勤
岸  陽子著 『中国知識人の百年』 飯 塚    容
 特 集   近代の日本と台湾③
日本のために戦って   墓島からの生還   元高砂義勇隊員 ト ア ロ ・ノ カ ン
     奇跡の人生  異民族支配に抗して 柳 本 通 彦
台湾文学と私(上) 張 寛 敏
フオルモサにおける日・独・蘭法学者の邂逅 呉 豪 人
日本帝国主義と「武士道」 許 介 鱗
国際政治の中の台湾 進 藤 栄 一
小 説  阿 妹 伯 日本の敗北を喜ぶ台湾農民の記憶 李   喬
       「阿妹伯」を読む ─ 李喬の作家的戦略 三 木 直 大
日本軍政下のインドネシア文学  1 H ・B ヤ シ ン
訳 ・ 解 説 
 奥 島 美 夏
日台フォーラム《原住民文化と現代》のお知らせ
世話人・顧問名簿
表紙絵(カルーギン・イワンの家族「ロマノフカ村から)  藤 山 一 雄
日本帝国主義と「武士道」 許 介 鱗》の全文を次ページにリンク 原題 日本「武士道」の謎を暴く      トップへ戻る

l

          植民地文化研究 第4号       2005.7.1発売
  特集   近代の日本と台湾 4
     日台フォーラム《先住民族文化と現代》の記録  (省 略)
     台湾出兵=牡丹江事件130年国際学術検討会から
    台湾出兵の位置と定刻日本の成立                纐 纈 厚 
    台湾出兵は当時の日本で、どのように語られていたか       西 田 勝
    牡丹江事件の真実                       高 加 馨
    後藤新平とその阿片謀略                    許  介  鱗
    台湾文学と私                         張  寛  敏
   小説   国  葬                                  白 先 勇
     視覚とアンテナ
      真杉静枝が書いた台湾                              高 良 留 美 子
      香港の「半日」と「親日」                              和 仁 廉 夫
     日韓問題に思うこと                             木 村 一 信
   書  評
       日本華僑華人研究会編著『日本華僑・留学生運動史』          安 藤 彦 太 郎
    小林英夫・福井紳一著『満鉄調査部事件の真相』            井 村 哲 郎
    柳本通彦著『明治の冒険科学者達』                  又 吉 盛 清
 「中日文化協会」に関する初歩的な考察              趙  夢    雲
  日本軍政下のインドネシア文学 Ⅱ              H・B ヤ シ ン 編
   特集  「満洲国」 文化の性格 4
     座談会  「満州文学」での『雑誌作文』の比重             西原 和海・岡田 英樹・西田 勝(司会) 
    「言」と「不言」の間                                       銭 理 群  岸 陽 子 ・ 訳
     小林実ノート                                          寺 田 清 市
    「満洲詩人」の歩み④                                     猪 野 睦
    「満洲国」時代の中国人作家の創作
  小説   山海外経                                             古 丁  訳・解説 岡 田 英 樹
     満洲芸文連盟機関誌『芸文』細目(上)                          谷 本 澄 子 編
     『満洲文話会通信』 細目(下)                               斎 藤 秀 昭・松下 奈津美 編
     『農事合作社報』(下の一)                                  城 間 正 人 編
     今村栄治の面影                                        秋 原 勝 二
     今村栄治の内心の世界                                    西 田 勝
   今村栄治の新発見作品
  小説    新   胎
     満洲文話会の歴史と現在(中文)                              訳 ・解 説   岡 田 英 樹
                                                                                                        
植民地文化研究 第5号                                        2006年7月10日発行
  特   集 『満洲国』文化と台湾5
 対  談  日本と韓国、そしてサハリン 李恢成・西田勝
葉山嘉樹と現代
         葉山嘉樹が遺したもの 鈴木章吾
          父の思い出 葉山民樹
          転向と「開拓団」 西田勝
         葉山嘉樹の魅力 浅田隆
          惜葉山嘉樹 呂元明
全集未収録 竿頭進一歩 葉山嘉樹
  特   集 「満洲国」文化の性格⑤
詩人としての周保中 呂元明  大久保明男・訳
『アカシヤ』から『短歌精神』へ 和泉 あき
幻のプロレタリア詩誌『燕人街』の登場 西田 勝
長谷川濬の戦後 大島幹夫
「満洲詩人」の歩み(5・完) 猪野 睦
「満洲国」時代の中国人作家の創作⑤ 梁山丁
  臭い排気ガスの中で 訳・解説  岡田英樹
満洲芸文聯盟機関誌『芸文』細目(中) 谷本澄子編
『燕人街』総目次
『農事合作社報』細目(下の二・完) 城間正人編
新発見作品『燕人街』抄   古川賢一郎  高橋順四郎  落合郁郎  土l竜之介
視覚とアンテナ
  中央アジア五カ国を歩いて 大江志乃夫
  望月百合子の教訓   愛国の悲劇 林 郁
書  評
  植民地文化研究会編『《満洲国》文化細目』 南雲 智
  西原和海・川俣優編『満洲国』の文化』 田所竹彦
  又吉盛清編著『日露戦争百年』 福井紳一
新刊紹介    大村益夫ほか編『金鐘漢全集』
  特   集 近代の日本と台湾⑤
  真杉静枝「南方の言葉」を読む 高良留美子
  植民地下の台湾米と地主階層 許介鱗
  私の台湾文学六十年 葉石濤
  座談会『寒夜』の背景  歴史と文学 李喬・周婉窈・三木直大
小説  戦争にあこがれて 桑品戴
    国府軍の大陸潜入工作の失敗を描く 訳・解説  道上知弘
西南聯合大学の研究(1)  序説 安藤彦太郎
沈連珠の日本認識 大村益夫
東亜同文書院生の仏領インドシナ調査旅行 湯山英子
日本軍政下のインドネシア文学(3) H・B・ヤシン編
  ウスマル・イスマイル編(続) 訳・解説  奥島美夏
編集後記
 植民地文化研究第6号 2007年7月10日発行
特 集 「満洲国」文化の性格⑥
座談会 『北窗』とハルビン文壇 西原和海・岡田英樹・西田 勝
『北窗』主用作品・記事   西原和海編
『女声』創刊号に秘められたメッセージ 岸 陽子
満洲国」官僚としての古丁    石田卓生
ある転向文学者の軌跡 島田和夫から上野市三郎へ 西田 勝
「満洲」植民時期の文学中国人作家の研究 第2回 呂元明   大久保明男訳
「満洲国」時代の中国人作家の創作⑥
小説  柴を刈る女   忽瑪河の夜
但 娯   訳・解説 岡田英樹
満洲芸文連盟機関誌『芸文』細目(下の1) 谷本澄子編
雑誌『興農』 細目(1) 城間正人編
『満洲新聞』 文芸主要目次(1) 斎藤秀昭編
新発見作品『燕人街』 抄(続)
 大島庸夫・水島勇男・赤田靖・古川賢一郎ほか
資  料 上野市三郎の記録作品と文芸批評
  ある満農の死  終列車の出来事  神話の創造  文芸時評
視覚とアンテナ 華北の乾地農法と農業経済研究の系譜 田島俊雄
台湾2.28事件と沖縄 又吉盛清
韓国の「植民主義と文学」研究 岡田英樹
書  評 姜敬愛者・大村益夫訳  『人間問題』 林 郁
小林英夫・張志強共編 『満洲国の実態』 坂本龍彦
神谷忠孝・木村一信編 『(外地)日本語文学論』 星名宏修
特集 近代の日本と台湾⑥
楊熾昌小特集 変異の悪の必要  楊熾昌の「異常」な表現法 劉紀蕙  横路啓子訳
遣  文 台湾人報道班員の手記
チャンドラ・ボース   最後のカレーライス
二、二八民主革命と台湾の独立
    解説 ●  楊熾昌とのひととき 西田 勝
近代性と民族性のはざまに生まれた「被植民者」の女性運動 許時嘉
小  説 最後の黄埔 戴文采
  元国民党員の戦後を描く 訳 ・ 解説   道上知弘
西南連合大学の研究(2) 安藤彦太郎
日本軍政下のインドネシア文学(4) H・B・ヤシン編
  3   B ・H ・ ルビス編 訳・解説 奥島美夏
 編集後記   

                          植民地文化研究 第7号   右へスライドして下さい
                                                                         

 植民地文化研究 第8号

特集 朝鮮・台湾・「満洲」

フォーラム 日本植民地下の朝鮮半島の文学  

韓国近代文学者と東洋論   金在湧 2

姜敬愛の作品に見る民族意識   呉香淑 12

 朝鮮文学者たちの日本留学  波田野節子 21         

「満洲」を詠った朝鮮の詩人たち  沈元燮 26

討論録  大村益夫・李恢成・纐纈厚 ほか  37

─────────────────────────────

在満朝鮮人作家の創作②

  小説  暗 夜                              金 昌 傑 49

                      訳・解説  大村益夫

 特集 「満洲国」文化の性格(8)

  逮捕寸前の野川隆                             西 田 勝 65

南満僻地の花喜露―田賁                         呂 元 明 78

                                          大久保明男訳

    ──────────────────────────────── 

「満洲国」時代の中国人作家の創作⑦                                            

 小説 放牧地にて                                 磊 磊 生 90

                                     訳・解説  岡田英樹

 ──────────────────────────────── 

『哈爾賓日日新聞』文化系主要目次(1)    谷本澄子編 98          

『満洲新聞』文化欄目次 (3)       斎藤秀昭編 108   

雑誌『興 農』細目(3)   城間正人編 118    

《満洲国》 文化細目補遺(2)

高原冨次郎『修道女の結婚』(浅田隆) 125  『熱河』 126

 ─────────────────────────────── 

新発見作品  『燕人街』抄(4)  評論篇2 久呂澄狂介・平林純・篠垣鉄夫 127          野川隆の詩と評論 屯子の連中 秋天上街  文学随想 ほか 140             

視角とアンテナ─────────────────────────── 

外国人の地方参政権     田中宏 163

現代女性文化研究所の仕事     岡田孝子 164 

「中国・沖縄元年」      又吉盛清 166

戦時下の「蘇州日記」   山田博光 168

書 評  ─────────── 

  天野博之著『満鉄を知るための十二章』  大江志乃夫 170

  植民地文化学会ほか編『《満洲国》とは何だったのか』  峰  毅 171

  宋友恵著『空と風と星の詩人 尹東柱評伝』   橋本雄一 173   

  沖田信悦著『植民地時代の古本屋たち』   湯川健一 175

──────────────────────────────── 

特集 近代の日本と台湾(8)

マレーシア中国語文学と〈国家〉民族主義(上)             黄  錦  樹 177

羽田朝子訳

二二八事件と阿里山ツォウ族                      川路 祥代 188

官製から民製へ 自我同文主義と興亜文学 (下)             柳  書  琴 201

青木沙弥香訳

朝鮮と台湾 日本植民地統治の比較(下)                  許  介  鱗 211

追悼 葉石涛

 台湾文学の巨匠 李 喬221  大悪と小善 鄭清文223  葉石涛の文学的功績 彭瑞金224

 先生の第一声 黄英哲226   同時代の刻印   西田 勝227                             

───────────────────────────── ── 

白色時代を描く台湾文学 8

小説    赤い靴                               葉  石  涛229

                                         豊田周子訳

──────────────────────────────── 

「外地の日本語文学」再考                            西  成 彦 252

日本軍政下のインドネシア文学(Ⅵ)                  H・B・ヤシン 編261 

アマル・ヘムザ篇(続)  プン・ウスマン篇                      奥島美夏訳

  ──────────────────────────────── 

 編集後記 272       役員名簿169        

  ──────────────────────────────── 

 表紙カット 軒丸瓦(慶州沙正洞・霊妙寺跡。新羅7世紀)『国立慶州博物館図録』より

      

                                                                                                   

 

 植民地文化研究 第9号 目次

特集*インドネシア・朝鮮・「満洲」・台湾

フォーラム 日本軍政下の東南アジアと台湾・沖縄  

インドネシアと沖縄  バクティアル・アラム 2   戦時下ジャワで映画を作った朝鮮人  内海愛子 8    元日本兵のディアスポラ   西 成彦 15

  小 特 集  「日 韓 併 合」百年 と 文 学

田岡嶺雲の連亜論と朝鮮観     西田 勝 21

「東洋平和論」から見た安重根の「丈夫歌」    崔 元植 波田野節子訳 29

   一九三一年の「排華事件」と韓国文学     李 相瓊 郭炯徳訳 40

 『緑旗』初期の玄永燮      南雲 智 55

在「満」朝鮮人作家の創作3

 戲曲 血の海の歌 中朝連合抗日戦争のなかで上演された民衆劇      カ マ ギ

 訳・解説  大村益夫

 特 集 「満 洲 国」 文 化 の 性 格 (9)                      

   古丁の経歴について                           岡田英樹 79

留日学生仲同升のこと                         大久保明男 85

「満洲国」における芸術的抵抗の一例 加納三郎の場合 (上)      西 田 勝 90

慈灯の小説における底辺層の人々                  呂 元 明 102 

                                        岡田英樹訳

  ──────────────────────────────── 

「満洲国」時代のモンゴル人作家の創作①                エルデムトゥグス 112                                           

短篇小説  別 れ                   訳・解説   ウリジバヤル 

 ──────────────────────────────── 

『哈爾賓日日新聞』文化系主要目次(2)    谷本澄子編 118          

『満洲新聞』文芸主要目次 (4)         斎藤秀昭編 128   

雑誌『興 農』細目(4)              城間正人編 138    

《満洲国》 文化細目補遺(2)

呉暎『両極』(岸陽子)146  古丁『浮沈』・『悲哀的玩具』(岡田英樹)148

 ─────────────────────────────── 

新発見作品  『燕人街』抄(5)  評論篇(下) 太田二郎・高橋順四郎 149 

          仲同升(駱駝生)「満洲プロレタリヤ文学運動史概論」 157

視角とアンテナ─────────────────────────── 

「台湾馬華文学」について     黄 英 哲 165

「蕃人内地観光」をどう見るべきか     溥 琪 貽 166

樺太アイヌの悲劇     神谷忠孝 168  

書 評  ─────────── 

大村益夫編訳『風と石と菜の花と 済州島詩人選』       林  郁 170

   富山妙子著『アジアを抱く』      和泉あき 171 

 柳書琴著『荊棘之道』      星野宏修 173

田島俊雄ほか編『中国セメント産業の発展』    黄 紹 恒 175                    

特 集  近 代 の 日 本 と 台湾 (9)                     

台湾における「特殊後植民情境」の文化現象             李    喬 178

                                          若林 正丈訳

マレーシア中国語文学と〈国家〉民族主義(下)             黄 錦 樹 182 

                                         羽田朝子訳 

 ───────────────────────────── ── 

白色時代を描く台湾文学 9

小説 山の厄神                           黎 紫 書  193 

                                訳・解説  荒井茂夫                        

追悼 安藤彦太郎 大江志乃夫 

「巨星墜つ」  小島麗逸 209     「弟分」として   紅野敏郎 211 

大江志乃夫氏の仕事  纐纈 厚 213  教師としての大江志乃夫先生  君島和彦 215

──────────────────────────────── 

もう一つの帝国「植民」地 中国広東三灶島論              和仁廉夫 217

日本軍政下のインドネシア文学7)               H・B・ヤシン編 228 

伝統破壊・象徴・女性性による抵抗1  ハイリル・アンワル篇          奥村美夏訳

────────────────────────────────                   

編集後記 232   役員名簿 169 

──────────────────────────────── 

 植民地文化研究第10号 目次     右へスライドして下さい

                                                                                                                       

                                                                                                                                                        

       植民地文化研究第11号 目次      右へスライドして下さい

            植民地文化研究第12号 目次

         植民地文化研究第13号 目次            2014年7月15日発行

                                                                                                                         

                                                 植民地文化研究第14号 目次  2015年7月15日発行


                 植民地文化研究第15号 目次  2016年7月15日発行

                                                                                                                           


                                                  植民地文化研究  第16号目次    2017年7月15日

                                                                                                                                                                                                     トップへ戻る